【ゾッとする怖い話】ティッシュペーパーいりませんかぁ?

2週間ほど前に

妙な夢を見てから変なことになってます。

 

夢の中で私は電車に乗っていました。

周りを見ると乗客は

他に10人程だったと思います。

 

窓から見える田園風景を

ぼーっと見ていると、

「ティッシュ要りませんかぁ?」

と言う声が聞こえてきました。

 

声の方に顔を向けようとした瞬間

ブワッと鳥肌が立ち、

何か底知れない悪意の様なものを感じ、

『見付かったら殺される、

見てはいけないもの』

だと分かりました。

 

声の主は車両の端から順に

「ティッシュ要りませんかぁ?」

と声をかけています。

 

私は反対側の一番端に座っており、

『見てはいけない見てはいけない』

と必死に目をつむり

うつむいていました。

 

他の乗客は気付いていないのか

無視してるのか分からないのですが、

順々に声をかけていく

そいつに返答をする人は誰も居らず、

ついに私の目の前に来て

「ティッシュ要りませんかぁ?」

と問いかけてきました。

 

ただただ怖くて、

鳥肌が前にも増してぞわぞわと立ち、

冷や汗を流しながら

声の主が離れるのを待ちました。

 

待っている間も何度も繰り返し私に

「ティッシュ要りませんかぁ?

ティッシュ要りませんかぁ?」

と問いかけてきて、

『他の人は一回だけだったのになんで私?

もうやめて』

と思っていると、

目の前の気配がスッと消えた気がしました。

 

ホッとして目を開けようとした時、

「ティッシュ要りませんかああぁあぁあ!!!!!」

と言う叫び声が両耳から聞こえました。

 

びっくりして咄嗟に目を開けると、

眼球がこぼれ落ちそうなくらいに目を見開き、

口を千切れる程に歪ませた顔が

私の膝の上で笑っている。

 

「要りません!!!!」

と怒鳴る自分の声で目覚めました。

 

その時はリアルで怖かったなあ…

くらいで何事もなく、

もう一度寝たら夢も忘れて、

朝起きてトイレに行ったら

トイレットペーパーが無くなってました。

 

きれていたのではなく

芯ごと無くなっていて、

「おかしいなぁ」

と思いつつトイペをしまっている戸棚を開けると、

ストックも全て無い。

 

前日買い出しにいったばかりで、

確かに戸棚に入れた覚えもあったのに。

 

幸い小の方だったので

なんとかできましたがw

 

その後、出勤の準備をして、

鼻をかもうと思ったら

テーブルの上にティッシュが見当たらない。

 

普段テーブルの上が定位置なので、

あれ?と思って部屋中探しても見付からない。

 

独り暮らしの殺風景な部屋に、

ましてや真っ赤なエ〇モの

ティッシュカバー付なので

すぐ見付かるはずなのに…

 

まさかと思い見てみたら、

前日トイペと共に買ったティッシュのストックもゼロ。

 

ようやく事の不可解さに

気付いて泥棒や変質者を疑い始め、

すぐに貴重品や下着類を確認しましたが、

特に何も変わらず。

 

不可解だと思いつつも、

仕事に遅れるので

とりあえず貴重品を持って出勤して、

トイペとティッシュを買って帰ったのですが…。

 

荷物を置いて着替えている間に

また無くなってました。

 

それから何度か

『買う→消える→買う→消える』

を繰り返して、

今に至ります。

 

不気味で怖いし、

ティッシュが無い生活は

とても不便で困ってます…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)