【ゾッとする怖い話】断崖絶壁の日の出

去年の夏。

友人達と三人で酒を飲みながら、

夜を過ごしていました。

 

気が付くと時計は4時10分。

そろそろ寝ようかと思った時、

友人がいきなり何を思ったのか、

「朝日を見に行こう!」

って言い出したんです。

 

自分は「寝たい」と言ったのですが、

もう一人の友人も

「行くか~」と言い出し、

結局ちょいと遠い所にある、

断崖絶壁の灯台の見える

丘に車で行きました。

眠たい頭でボーとしながら待っていると、

少しずつ空も明るくなってきました。

 

やがて5時になって、

もうすぐ出ると思ったその時、

友人の一人が

「なぁ、あそこに誰かおるぞ」

と言い出したのです。

 

はぁ?と思い、

友人の指差した方向を見て驚きました。

 

灯台の断崖絶壁を、

人が這い上がって登っているのです。

 

初めはロッククライミングかと思いましたが、

こんな時間にやるわけがありません。

 

三人とも無言で、

ひたすらその異様な光景を見ていました。

そして、最初は一人が登っているかと

思っていたのですが、

気が付くともう5、6人ほどいます。

 

そしてさらに、

崖を登る人がまた一人増えました。

 

海の中からです。

海面にいきなり顔が出てきたかと思うと、

そのまま崖を登り始めるのです。

 

少し遠くて顔は分かりませんが、

皆普通の服装で、

男も女も混じっています。

「何かやばいって、逃げよう」

友人がそう言いました。

 

もちろん皆ここに居たく無いので、

すぐに車に乗り込み、

灯台を後にしました。

あれから2度ほど灯台に行きましたが、

そんな事は起こっていません。

 

よく地元では自殺の名所と言われていますが、

あれが何だったのかは

未だに分かりません。

 

ただ、断崖絶壁の崖を、

人が海の中から出てきて

登り始めるという光景は、

今でも思い出しただけで

背筋がぞくぞくします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)