【ゾッとする怖い話】テナントビルの前

バイト先の知り合いが

霊感ある人だった。

 

シフトが同じで、

仕事明けにいつも一緒に帰ってたんだけど、

いつもあるテナントビルの前を

通る度に嫌がってた。

 

なんでも、そこのビルの前に、

数人の霊が佇んでるのが分かるとか。

 

俺は霊感ないから分からないけど、聞いたら、

幽霊って、別に透明だったり

足がなかったりしないらしい。

 

そこにいる霊は普通の男女数人で、

それぞれ別な方向を向いて

無言で立ってるとか。

 

で、ある時に一緒に帰ってて、

そのビルの前でいきなり立ち止まって

上をジッと見上げだした。

 

「何?」

って聞くと、

そこにいつも居る霊が

みんな上を見上げてるらしい。

 

で、しばらく二人で上見てたら、

そこの真上の屋上に誰か人陰がみえるの。

 

そいつが「おーい!」とか声かけたら、

なんか制服着た学生が逃げて行った。

「あれ多分、自殺するとこだったんだよ!」

ってそいつは言ってて、

それってヤだなと俺は思った。

 

「ビルの屋上なんて、

カギかけて管理してるだろうに、

なんで学生が入れるんだろうね?」

って話してたら、

「下に居るあいつらが呼ぶから」

って笑って言ってた。

それからしばらくシフトが変わったこともあって、

そいつとは一緒に帰ることもなくなった。

 

2年ほどして、

俺は既にバイトを辞めてて、

久しぶりにそのバイト先に遊びに行った。

 

そしたら、その友達が

そのビルの屋上から飛び降り自殺したって

聞かされた。

 
多分、今はあの下に居るのかも。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)