【ゾッとする怖い話】夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことないんだけど、

夢とそれに関する不可思議な話。

 

俺は中学3年くらいの頃から、

変な夢を見るようになった。

 

それは、ショートヘアで

白いワンピース着た20代くらいの女が、

無表情で俺を黙って見てるという夢。

 

夢の中で俺が話しかけても、

何も言わず黙ったまま。

 

今でも月に2、3回くらい見るんだが、

当時は週に5回は夢に出てきた。

 

その夢の女なんだが、

俺はまったく見たこと無い顔で、

家族に話して

心当たり無いか聞いても、

誰も知らないという。

 
そして少し月日が経って高校の頃、

法事で親戚が集まった時に、

叔母さんに声をかけられた。

 

その叔母さん曰く、

たまに一瞬だけ

俺の後ろに女が見えると。

 

ちょっと前から、

盆正月会ってた時に見えて、

「ん?」

て思った時には居ないから、

気のせいだろうと思ってたけど、

今日も一瞬見えたから言ったんだと。

 

これが聞いてみると、

どうも特徴が夢の女っぽくて、

その場でこれ聞いてた母親がビビって、

地元に住むホウニンさんっていう

婆さんの所に連れてかれた。

 

このホウニンさんって人は、

イタコやユタみたいなシャーマンらしく、

何やら俺の前で

30分くらい拝んでたが、

それが終わると俺に言った。

 

どうも俺は夢の女に惚れられたらしく、

それがベタ惚れで、

祓う事が出来ないらしい。

 

俺に危害を加えるような事は

おそらく無いから、

俺に飽きて夢の女の方から

居なくなるのを待つしかない。

 

いつ消えるか分からないが、

結婚は難しいだろうと。

結局どうする事も出来ず、

そのままずるずると

今に至るワケだが、

ここまで前置きの話。

 

俺は今、とある大学生で、

こないだ友達3人と

一緒に肝試しに行ったんだ。

 

肝試しつっても、

夜中のドライブがてら

ある峠を通るだけなんだが、

この峠は旧道になってて、

近くにトンネルが出来てからは、

めったに車が通らなくなった道。

 

なんでも、夜にここを車で通ると、

女が上から降って来て

フロントガラスから睨み付けるとか。

 

その日、友達のAが運転席、

BとCが後部座席で、

俺が助手席に乗って、

深夜1時頃その峠に行ってみた。

 

道中は、さすがに真っ暗で

みんな雰囲気にのまれて無言だった。

もう少しで道の半分くらいって所で、

いきなり後ろの二人が騒ぎ出した。

 

「後ろから女が追いかけてくる!」

そんな事言いながら

スゲーパニクってる。

 

俺も後ろ見るんだが、

暗くてよく見えない。

つかそんな女居ない。

 

でも後部座席のBとCは、

後ろ見ながら

「もっとスピード出せ!」

とか叫んでる。

 

運転してるAは、

俺と同じでそんな女見えないらしく、

「マジかよ」

とか言いながら車の速度を上げるんだが、

何分見えないんで、

どれだけスピード出せば

振り切れるか分からず、

Bに「もっと上げろ!追いつかれる!!」

とか言われるもんだから、

全力で峠を走らせてた。

 

どうやら、峠の道を突っ切った辺りで

女は消えたらしく、

そのまま具合が悪くなったCの家に行って、

怖いんで朝方まで

Cの家で話をする事に。

 

そこでBが言うには、

女が長い髪をなびかせながら

宙に浮いた状態で、

凄い形相で追いかけてきたと。

 

Bは気づかなかったが、

Cはもっとよく見てて、

その女は頭から血を流してたらしい。

そして朝になって各自解散。

俺はそんなモン見なくて良かったと

ホッとしてたが、

ある形で見てしまった。

その晩、夢の中で。

 

夢の中で、

長髪の女が俺を睨み付けるように立ってた。

 

その顔は頭から血どころか

顔面血まみれの状態で、

何やら呟いてる。

 

俺は即座に峠の女だと直感し、

動けずにいると、

俺の横から誰かが出てきた。

 

それはいつも見る夢の女だった。

いつもはただ立ってるだけの夢の女は、

峠の女に近付いて行き、

向き合う形に。

そして、

 

も の っ そ い ビ ン タ 張 っ て た 。

 

もう何ていうか、

「スパアアァァン!」て音がして、

峠の女がグラついてよろめくぐらい。

 

そこで俺は、

強制的に瞼を開けて無理やり目を覚ましたが、

もう心臓バクバク状態。

 

その後も、

夢の女がいつもの様に

ただ立って俺を見てるだけの夢を見る。

今も見る。

 

蛇足になるが、

峠の女はどうも、

俺達と一緒にCの家に憑いてきてたみたい。

 

やはり肝試しの次の晩、

Cが寝てると、

部屋を誰かが歩き回る音がする。

 

Cが目を覚ましてみると、

峠の女が顔面血まみれで睨んでて、

Cと目が合うと、

何やら呟き始めたらしい。

 

Cは布団被って震えてたが、

呟きが止んだので見てみると、

もう峠の女は消えて居なくなっており、

それっきりらしい。

 

長くなったが、

最初に言ったように、

俺は幽霊を見たことは無い。

見たのはただの夢だけ。

そう、ただの夢。

だけどねぇ……(´Д`;)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)