【ゾッとする怖い話】山にいた美しい女

知人Tの祖父の話。

 

T祖父は若い頃、

仲間と組んで山仕事をしていた。

 

新人の頃、

山に泊まり込みで入った時、

美しい女が薮の間から

覗かれたことがあった。

 

近くに民家はなく不思議だったが、

慣れない作業に没頭するうちに

消えていたという。

 

夕飯時、小屋に戻って話すと、

年長の職長が嫌な顔をし、

皆に釘をさした。

 

「片手片足の女だろ?

絶対に相手にすんな!」

 

薮から覗く顔しか見てないT祖父だが、

職長の勢いに素直に頷いた。

 

翌日も女は覗いていた。

相手にする気はないが、

女の美しい顔を気にしていると、

ついに女は姿を現した。

 

女は腕も脚も一本で、

ピョンピョン跳ねて彼の側まで来ると、

彼の股間をまさぐり始めたという。

 

まだ若く女性経験もなかったT祖父は、

驚いて突き飛ばしたが、

女は器用に体勢を直し、

ニヤニヤ笑って薮に消えた。

 

女が際だって美しい分、

不気味だったそうだ。

その夜、Aという男が小屋に戻らず、

皆で心配していたが、

夜も更けた頃ひょっこり戻り、

道に迷ったと頭を掻いた。

 

皆が笑う中、

T祖父の隣の職長だけは

深い溜息をついた。

翌日、職長とAが話をしていた。

ニヤニヤ笑うAの顔は、

あの女を彷彿させた。

「互いにええ思いをしただけや」

その一言で、

Aがあの女と寝たことは

T祖父にも解ったという。

 

それからAやAと懇意なBが、

遅く帰ってくるようになった。

 

「お前は行くな。手足をなくすぞ」

職長はT祖父に

信じられないことを言ったが、

どちらにせよ、

あんな女を抱こうとは思えなかった。

仕事が終了した日、

Aは山に残りたいと言った。

 

さすがにそれは許されなかったが、

町に下りるなり踵を返して

山に戻るAを、

止められる者はいなかった。

 

その後のAを知る者はない。

次の仕事にはAもBも来なかった。

Aは行方知れず、

Bは手足を失う

大事故にあったのだという。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)