【ゾッとする怖い話】サービスエリアでの恐怖体験

3年程前、

友達3人で東京から大阪まで

車で向かっていました。

 

数時間の運転で疲れたのか、

サービスエリアで休憩をする事になりました。

 

時間は午前3時くらいだったと思うのですが、

特に眠いということもなく、

また、私は運転もしていないため、

大して疲れてもいませんでした。

どこのなんて言うサービスエリアか

忘れちゃいましたが、

簡単な休憩スペース(?)で

コーヒーを飲んで休憩していました。

 

時間も時間なので、

他に車は止まっていなかったです。

しばらく友達とたわいもない会話をしていたのですが、

外からこちらに向かって来る

おじさんが見えました。

 

あーこの人も休憩かな?くらいの軽い気持ちで、

おじさんが休憩スペースに入るのを見ていました。

 

おじさんは自動ドアの前まで来ました。

当然のように自動ドアが開きます。

 

けど、開いたドアからおじさんが

入って来ることはありませんでした。

 

というか、おじさん自体がいないのです。

友達は2人とも

自動ドアに背を向けており、

おじさんの姿は見ていません。

 

見ていませんが、

自動ドアが開いた為、

自動ドアの方に振り向きました。

 

「何で無人なのにドアが開いたんだろ?」

と不思議がっていましたが、

私には目の前で起こった事が言えず、

黙っていました。

 

私の不穏な空気を察したのか、

ただたんにビビったのか、

友達は「出よう」と言って

その場を立ち去りました。

あのおじさんは何だったのか…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)