【ゾッとする怖い話】人肉の味を我々は知っている。

猟奇的な事件としてよくカニバリズム(人肉食)があげられるだろう。

もちろん一般的な人ならばそんなものに興味もないし、

食べたくないと思うのが当然。

 

しかし、ある研究機関の発表によると、

ハンバーグやメンチカツ、餃子、ハンバーガーなど、

挽肉が多く使われる加工食品を一日一回以上食べた場合、

計算上29年に一回の確率で人肉が混入した食品を食べているらしい。

 

これは食品加工会社における肉体損傷を伴う事故の割合を

計算した場合にはじき出される結果らしい。

 

ひょっとするとあなたが今、

おいしいと食べているそれらの食品の味は人肉の味かも知れない・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)