【ゾッとする怖い話】不眠症の女の子

俺が小児科の研修医だった頃の話。

小学2年生ぐらいの女の子と

付き添いのお母さんが、

診察室に訪れた。

 

この女の子は夜眠れないそうで、

いつも朝方になってから

やっと眠るそうだ。

 

その為、学校で居眠りをする事が多く、

先日も先生に呼び出されて

注意を受けたとの事。

 

たまに寝付けたとしても、

大抵夜中に大泣きして目覚めてしまい、

その度に起こされて

家族も困っているらしい。

 

最初「不眠症かな?」と思った。

睡眠障害は大人の方が圧倒的に多いが、

大人だけの病気じゃない。

子供が睡眠障害になる例も

珍しくはないのだ。

とりあえず何か

不安な事はないか聞こうと思い、

話しにくいかも知れないので

お母さんには席を外してもらって、

その女の子と二人で話をした。

以下がその会話。

 

「どうして夜寝ないのかな?」

「寝たくない」

「なんで寝たくないのかな?寝るの嫌い?」

「寝るのは嫌じゃないけど」

「…けど?」

「夜、寝てたら起こしにくるから」

「誰が起こしにくるの?」

「お母さん」

「お母さんが夜中に起こしにくるの?」

「うん。○○(女の子の名前)の耳元で、

なんかボソボソしゃべってくるの」

「なんて耳元でしゃべってくるの?」

「う~ん、あんまり聞き取れないけど、

なんとか、ミゾケネ(?)~って言ってると思う」

「…お母さんが耳元でそう言ってくるの?」

「うん。お母さんっぽい人が」

「お母さんっぽい人?

起こしに来るのはお母さんじゃないの?」

「お母さんに似てるけど、多分ちがうと思う」

「じゃあ誰?」

「わかんない」

「なんでお母さんと違うって思うのかな?」

「だって… い つ も 壁 の 中 か ら 出 て く る か ら 」
もうね…

怖すぎて俺こんな状態になった→:(;゙゚’ω゚’):

 

自分の部屋で寝てるっていうから、

お父さんとお母さんのベッドで

寝るように話して帰した。

 

お母さんには

日当たりの問題かもとか適当な事言って、

なるべく女の子の部屋を

変えてもらうように話しておいた。

それ以降受診に来なかったから、

女の子はちゃんと

眠れるようになったと思う。

 

その代わり俺が寝れなくなってしまった…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)