【ゾッとする怖い話】ことり沼で亡くなった友達の呪い

富山県のどっかに、

ある沼があるそうです。

 

地元の人からは「ことり沼」と

呼ばれていました。

 

20年ほど前に、

ここで子供がおぼれて死ぬ、

という事故がありました。

 

AくんとBちゃんが

学校から帰る途中に

Bちゃんが沼に落ちたのです。

 

Aくんは「助けを呼んでくる!!」と言って

走って行きましたが、

後ろからはBちゃんの

「Aくんたすけて」という声が

絶えず響いていました。

 

Aくんが助けを呼んできたときには

もう既にBちゃんは死んでいました。

 

おかしいのがその死に方。

目を見開いて

ものすごい顔をして死んでいたそうです。

 

そして、20年後。

Aくんはもう結婚し子供がいました。

 

その日は、

一人息子C太の誕生日でした。

 

AくんはC太のために、

ケーキとプレゼントを買い

家路を急いでいました。

 

すると、行きはしていなかった工事をしていて、

来た道に「通行禁止」の看板がたててありました。

 

その道を塞がれてしまうと、

あの沼のある道を通らなくては

行けなくなります。

 

Aくんもあの記憶が決して

消えたわけではありませんでした。

 

そしてイヤイヤながら

沼の横を通ったその時

「助けて、助けて」と言う声が聞こえてきました。

 

Aくんは沼の方を見ないようにし、

全速力で走り去って行きました。

家に帰るとC太がいません。

妻に「C太は?」と聞いたら妻は答えました

「ことり沼いったよ、

あの道通ってきたんでしょ?

C太いなかった?」

その日は20年前のBちゃんの命日でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)