【ゾッとする怖い話】夜の公園にいた変なおじさん

厨房時代、

自転車で塾から帰る途中。(夜の10時頃)

 

近所に山口なんとか言う

偉い人の記念公園があるんだけど、

そこの前を通ったら

こんな時間なのに誰かいる。

 

砂場のところで

変なおじさん(30過ぎくらいで、

ワイシャツにネクタイというサラリーマン風)が、

向こう向いてうずくまってた。

 

何か気になって、

誰かに襲われでもして

怪我でもしたのかと思い、

(約10年前でオヤジ狩り全盛期だったから)

近づいて声を掛けようとしたら、

「違うんだ違うんだこれじゃないんだ・・・」

って呟きながら、

変なボロボロの布みたいな物に

一心不乱にカッターナイフ

何回もザクザクザク・・・と。

 

うわっ、危ない人だ、

と思って逃げようとしたら呼び止められて、

「なあ・・・これじゃないよな?違うよな?」

って訊かれた。

 

そこでおじさんの顔を初めて正面から見たけど、

どう見ても危ない人。

 

眼鏡の右のレンズが

『人』って字みたいにひび入ってて、

その向こうの目は何というか、

落ち窪んでるって言い方がぴったりな感じの、

隈がパンダみたいに目の回り全体に広がってて、

瞳孔も開いて見えた。

 

しかも、目は凶悪そうなのに、

口にはにやにやした笑いが浮かんでいる。

「わ、解りません!」って叫んで逃げた。

次の日、学校の帰りに

公園に行ってみると、

小学生らしい女の子が、

ブランコの近くの地面に

穴掘って何かを埋めてた。

 

「どうしたの?」って訊くと、

「猫が死んじゃってたからお墓作ったの」って。

 

あの時おじさんがザクザクしたの、

猫だったらしい。

 

逃げなかったら私も

切り刻まれてたかもとぞっとした。

あと、何が『違った』んだろう・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)