【ゾッとする怖い話】真夜中の電話

この出来事は30年ぐらい前に、

私のおじさんが体験した話です。

 

おじさん(以後主人)の

おばさん(以後妻)が、

いよいよ子供を出産する日が近づいて来ていた。

 

初めての出産を一週間後に控えていたのだ。

その日、妻は朝から

なんとなく体調が悪かったらしい。

 

体のことを気遣い、

その日は早い時間帯に寝た。

その真夜中、

午前4時過ぎに家の電話が突然なった。

 

妻の主人が、

「誰だこんな時間に・・・非常識な奴だ」

といいつつ電話に出たらしい。

 

「もしもし

『・・・』

「もしもし?聞こえてますか?」

『・・・』

無言だ。

 

その電話の奥では、

チリーン・・・チリーン・・・

という音が聞こえたという。

 

主人はいたずら電話だな?と思い込み、

こちらも黙ってみることにした。

主人が無言になってから、

1分ぐらいしたころだろうか。

相手が何かを言っている。

『・・・さ』

主人は、とうとう痺れを切らしたな、

と思い、さらに黙っていることにした。

 

それから30秒後、

再び声が聞こえた。

 

『・・・さ・・・いで』

何をいってるか上手く聞き取りにくいが、

今度も声が聞こえた。
それから、20秒後また声が聞こえた。

『ぼく・・・さないで』

ふと、主人は気づいた。

 

電話から聞こえている声が、

子供の声であるということに。

主人は恐怖心に包まれた。

 

こんな時間に子供が・・・

次の瞬間、声が野太く

スローがかかったような声で、

『ぼぉおおお~くぅうううう~をぉおおっぉお~』

 

その声聞いて、

主人は思わず電話をガチャンと切った。

ハァハァ・・・ハァハァ・・・

主人は息切れしていた。

 

い、いたずらにしては手がこんで・・・

と思いながらも、

冷静さを取り戻そうと、

水を飲みに台所に行こうと

後ろを振り向いた瞬間、子供がいた。

 

5~9歳ぐらいに見える、

子供の姿だったらしいのだが、

 

髪が顔全体を覆い隠していたので、

顔が見えなかったらしい。

 

主人は驚いて腰を抜かし、

後ろに倒れこんでしまった。

 

声を出そうにも、

声が恐怖に包まれて出ない。

 

目には涙が溜まっている。

その子供は、

だんだん主人に近づいて来る。

 

主人は何とか手で後ろに後ずさるも、

その子供はどんどん近づいて来る。

 

そして、主人の目の前まで来てしまった。

子供はぬっと主人の顔の寸前まで来て、

自分の顔を近づけて来た。

 

その瞬間、突風が吹いたように、

子供の髪が一気に後ろの方に流れた。

 

主人は見てしまった。

その子供の顔が、

この世の者とは思えないような顔をしているのを・・・

そして聞いてしまった。

 

『ぼぉおおおおお~くぅうううう~をぉおおおおお~こぉおおお~ろぉおおお~さぁあああぁ~なぁああああ~~~いぃいいいいいいい~でぇえええええええ』
という野太いスローがかかった声を。

 

主人は悲鳴をあげて、

妻(おばさん)を起こした。

 

さっきの場所に連れてくるも、

子供の姿はどこにも無かった。

 

警察にも電話をし、

来てもらったらしい。

それからは何も起こらなかった。

 

一週間後、妻が出産を迎えた。

赤ん坊の出産を終えた妻の元に、

主人は付き添いでいた。

 

赤ん坊は未熟児だったので、

医師たちが別室に連れていったという。

コンコン、部屋のノックがしドアが開いた。

「ご主人、ちょっと良いですか?」

そう言われた主人は、

妻の手を撫でながら部屋から出た。

 

そして、医者から赤ん坊について言われた。

「・・・非常に良いにくいのですが・・・

あなたのお子さんは未熟児ではありません。

奇形児です」

主人はヒドクショックを受けた。

(ここから、長くなるので割愛させて頂きます)

「まだ、生きてはいるんですが・・・」

などと色々聞かされた後、

「もし、このまま、

この赤ちゃんが順調に育ったとしても、

世間では・・・」

と言われ、主人は已む無く、

安楽死を承諾した。

「その前に、一目でも我が子を見せてもらえないでしょうか?」

「う~ん・・・」

と、医者は難しい顔をしていたが、

あまりの主人の頼みに医者は承諾した。

 

主人は別室に案内された。

我が子が入っている、

ケースらしき物があった。

 

そして、ケースの中を見た瞬間、

背筋に恐怖が過ぎった。

 

顔全体に黒い毛がびっしりと生えていたのだ。

まるで、一週間前に見た子供と同じように・・・。

あの時、見た子供はもしかして・・・

そう思いながら部屋を出ようとした瞬間、

あの声が聞こえたという。

「ぼぉおおお~くぅううう~をぉおおお~・・・」
私のおじさんが実際に体験した話です。

当時は医療技術がまだ未発達だったので、

出産まで奇形児かどうかは分からなかったみたいです。

 

最後に部屋を出るときに、

子供の声が聞こえたらしいのですが、

おじさんだけにしか聞こえなかったらしいです。

それから2年後、

再び子供を授かりました。

 

それからは、何事もなく

平穏無事に過ごしています。

 

唯一体験した、

怖い出来事だったらしいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)