【ゾッとする怖い話】解体作業場にあった古い井戸

工事関係は結構あるよね。

自分も聞いた話、

体験した話は結構ある。

解体に行った知人の話。

現地に着くと、古い家があった。

 

暫く人が住んでいなかったろう

その家を解体し始めたが、

どうも機械の調子がおかしい。

 

修理業者を呼ぶ間、

作業員の一人が家の裏で古い井戸を発見。

 

古いのに、コンクリートで地面は固められ、

分厚い鉄蓋がされていて、

紙が貼ってあった。

 

鉄蓋も人力では動かせない分厚さ。

いかにもな井戸に興味津々で、

近づいた数人が紙はお札にしちゃ変だと、

引っぺがしたらしい。

その日は仕事にならず解散。

翌日、仕事となったのだが、

監督が来ない。

 

仕方ないので、代理で解体をはじめたところ、

一人が井戸方面から走って逃げてきた。

 

真っ青な顔で

「井戸、井戸」と連呼する。

皆で見に行くと……

分厚い鉄の蓋は少しだけズレていた。

 

そして井戸の周りのコンクリートには、

小さな子供みたいな濡れた足と手の跡が。

 

何人かの子供が

井戸から出て行った様な、そんな跡。

 

ちなみに、井戸は涸れていた。

もう疑いようもなく、

危ないと監督に連絡をとるが、

急病で倒れたと現場に伝えられる。

 

午後には作業員二人も急な高熱でダウン。

翌日、神主を呼んで

お祓いしてもらったそうだ。

「地鎮祭をけちったからだ」

と知人はぼやいてた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)