【ゾッとする怖い話】寝言の遺言

姉の私と弟は9歳離れていて、

弟が4、5才くらいまでは一緒に寝ていた。

 

弟が麻疹なんかで熱が出てうなされた夜、

すごくリアルな寝言を聞いた。

 

「兄ちゃん、すまん」という言葉に驚いて目が覚めて、

弟を見るとうなされてた。

 

私が「○ちゃん!起き!お母さん呼ぼか?」と言うと、

目を覚まして泣き出したので、

すぐに母を呼んでその日は母親の布団で寝かせた。

 

その日から母と寝ていたが、

熱が下がって元気になったせいか、

2日後には夜中に

「やっぱりおねえちゃんと寝るー」

と言って布団に入ってきた。

 

私がうつらうつら眠りかけると、

小さい声でまたもぼそぼそ寝言を言うので、

しんどいのかと思い、

抱っこして枕をすけてやると、

「全部○○(聞き取れなかった)に渡してあるねん」と言う。

 

あまりにもリアルで、

可笑しくなって

「ああ、わかったよ」と言うと、

コトンと寝入ってしまった。

 

次の日、母に弟の寝言のことを言うと、

はじめは

「寝言に話しかけたら目が覚めんて言うから、あかんのよ」

と言って笑ったのに、

内容を話すと、

ぎょっとした顔をして

「それほんまか?」と言った。

 

父の会社の後輩で、

父を兄ちゃん兄ちゃんと慕ってた人がいて、

その人は前の年に借金苦で自殺した。

 

その人が亡くなった直後に、

父の夢枕に立って、

「兄ちゃん、すまん。全部○○に渡してあるねん」

と言って頭を下げた、

という話を母は聞いていたらしい。

 

その○○というのは、

会社の取引先の名称だった。

 

本来なら父の会社が持っているべき仕事上の書類か何かで、

向こうにあっても問題ないというか意味ないものだけど、

こちらでは探しまくっていたものがあった。

 

父も当時、

○○に問い合わせたが見つからず、

しょうがないのでその仕事は一からなんとかしたらしい。

 

1年も経ってその話が出てきたので、

母はものすごく動揺してました。

 

父にその話をして、

もう一度○○の担当だった人に確認して調べてたら、

亡くなった人の自宅に、

その他の書類と一緒に郵送されてて、

奥さんも仕事のことはさっぱりわからないので、

そのまま持っていた。

 

○○という名前は、

私はもちろん弟も聞いたことなし。
弟はそれ以降何も変わったことはなく、

寝言もないです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)