【ゾッとする怖い話】戦後当時入間基地の跡地

場所を晒しますが

好奇心では行かないように

埼玉県入間市の豊岡第一病院の周り、

航空自衛隊入間基地付近に

うっそうとした雑木林があります

 

その一帯は以前実際に

人が首を吊ったため地元の人から

「首吊り山」と呼ばれていて

大人も子供もお姉さんも知っている

有名な場所です

 

数年前、俺のダチが高校の仲間3人を連れて

肝試しに行きました、

最初は雑談に花を咲かしながらだったのですが

一人後ろを歩いていたダチの友人T氏が

突然「#%$&”$&$%」と

英語を呟きだしたそうです。

 

最初は歌でも歌って気分を紛らわせてるのだろうと

思ってた3人でしたが、

その声ははっきりせず、

しかも普段のT氏では考えられないほど

音程が高かったのです。

 

不気味に思った3人は

T氏に肩越しに声を掛けてみると

T氏は目が覚めたように

「あ、ああ、何だよお前ら。え?

俺が歌?英語?何言ってんだよw」と言いました。

 

しかも彼はずっと意識があったと言うのです。

しかし友人達は見てしまったのです

 

笑顔で対応しているT氏の後ろにいる

髪の長い外国の女の人が微笑んでるのを・・・

 

友人達は思わず

「おいT!」

とその女の幽霊の方を指差しました、

その瞬間女はこちらに体を向けたまま

首だけが後ろに回転し、

すうっと近くにあった大きいケヤキの木の中に

消えていったそうです。
父の話によると

戦後当時入間基地はジョンソン基地とよばれ

アメリカ軍が駐留していたそうで

 

以前女性将校数人がその付近で

首をつって自殺をしたと噂になっていたそうです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)