【ゾッとする怖い話】電車の人身事故の現場での違和感

俺は人身事故で有名な

C央線を利用して通勤している。

 

先週も飛び込み自殺があった、

俺の使っている駅でだ。

 
今日、いつもよりちょっと早く起きた俺は

ホームにたたずんで

なにげなく反対側のホームを見ていた。

まだ電車の本数も少なく、

向こうは下りホームだけあって

人もまばらだった。

「○○線に××方面行き下り電車が参ります」

電車のアナウンスだ。

 

ふとホームを見ると

俺の正面に女性が立っている。

26,7歳くらいのいたって普通の女性だ。

だが何かが変だ・・・、

何だ?・・・。

女性の顔が恐怖にこわばっている。

しかも、下りの電車がホームに入ってくるにつれ、

何かに引きずられる様に

一歩一歩ホームの端に近づいてくるのだ。

 

俺はその光景を間近で目の当たりにし、

恐怖のために唇一つ動かす事ができなかった。

鋭い金属音と悲鳴が響き渡り、

電車は止まった。

俺の目の前に大量の血と

ピンクの肉片が広く飛び散っていた。

 

あまりにグロテスクなものを

見てしまい吐き気をもよおしそうになりながらも、

そろそろ会社に行かないといけない俺は

急いで振り替えのバスに乗るため

ホームを立ち去った。

あの違和感はなんだったのかバスの中で考える。

どうしても分からない。

バスは新宿に近づき、

高層ビルの間をくぐりはじめた。

太陽の光が高層ビルの

ガラスで乱反射してとても眩しい。

「眩しいな・・・、眩しい、そうか!」

俺はついに合点がいき、

大声を出してしまった。

 

あれは飛び込み自殺を間近に見たり、

恐怖にこわばった女性の顔を見たから違和感があったのではない、

「その前からおかしかった」のだ!

「思い出せ・・・」

俺は今朝の光景を脳裏に描き始めた。

 

俺の利用する駅のホームは東西にのびている、

つまり、朝日は上りホームを利用する

俺の左手側から右手側に向かって差し込む。

ホームの屋根を支える柱も、

駅の売店も、何もかもが

左から右に向かって影を作るはず、だ。

しかしあの女性の場合は違った。

あの女性が形作っていた影は足下から下、

つまりこちら側にのびていた。

どう考えても自然ではない。

 

あの女性は何か得たいの知れないものに

引きずり込まれたんじゃないのか?

例えようもない気持ち悪さが

胸から喉へとこみ上げてくる。

深夜遅く家に帰り、

俺はネットで自分を納得させる理由を探して回った。

 

そしてついに見つけた。

8年前この駅で

人身事故が起こった時のホームの写真だ。

 

事故の発生時刻は今朝のものとだいたい同じだ。

そして俺はホームを凝視し恐怖した。

黒い腕の様な影が線路からホームへと無数に伸び、

事故にあった人の足下に

絡みついているのを。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)