【ゾッとする怖い話】死んだカブトムシ

都会に暮らす子供が、

死んだカブトムシの電池を

入れ替えようとした。

 

生物に触れる機会が少なくなった

子供が増えたために、

それをからかう例え話であることが多い。

 

最近になって書籍などで紹介され、

再び広まりつつある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)