【ゾッとする怖い話】映画になった恐怖の出来事

小学生くらいの男の子20人以上を誘拐しては慰みものにし、

自分と同じ性癖の者にも「貸し出し」ていた。

少年に飽きたら撲殺し、死体には生石灰をかけ

白骨化させた後、砂漠に埋めた。

母親には誘拐を、

14歳の甥には見張りと殺害などを手伝わせていた。

たまに少年を死ぬ寸前で生き長らえさせ、

甥に「こいつを殺さなきゃ、お前を殺す」と

脅してトドメをささせていた。

打ち捨てられたメキシコ人の少年の

首なし死体発見により、事件発覚となった。

殺害されたとされる20人の内の1人、

ウォルター・コリンズ少年が誘拐され行方不明となった日、

母親は警察に相談したが取り合ってもらえなかった。

後に「発見された」として連れて来られたのは、

見知らぬ家出少年。

母親は「ウォルターではない」と再三訴えたが、

異常者として精神病院にぶち込まれた。

母親のクリスティン・コリンズに降りかかった不幸は

映画化され有名になった。

(映画:「チェンジリング」)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)