【ゾッとする怖い話】おはじき

夏になる前のある日、

うちの家の玄関ドア前にガラスのおはじきが置いてあった。

3階建てのハイツで、小さな子供がいる世帯も、

また、小さな子供を連れて遊びに来るような世帯もいない。

それでも小さな子供を連れたお客さんが来て、

誰かが落として行ったのかな?と思って、捨てるのもなんだし、

しばらくそのままにしておいたけど、数日経っても、そこにある。

ある日、それをほうきで外の芝生のあるところに掃いた。

なんとなく自分の家のゴミ箱に捨てるのも嫌だったので。

そんなことがあったのも忘れかけていた頃、

また、うちの玄関ドア前に、おはじきがあった。

なんだかおかしいと思って、

今度は、すぐさま足で蹴ってどけた。

しばらくして私は外科の手術で入院して、

退院した半月後に、父は肺炎で入院した。

1週間ぐらいで退院できるだろうと言われていたのに、

その4日後に亡くなった。

私は嫌な感じがしたから、あのおはじきをどけたんだけど、

本当は、「どけない方がよかったのかな?」と今でも思う。

そのおはじきを、今日出掛けた帰りに、

お隣の玄関ドア前で、また見つけてしまった。

高齢のおばあちゃんと息子さん2人が暮らしていて、

よく私にも、おかずや炊き込みご飯をおすそ分けしてくれる。

考えすぎなだけかも知れないけれど、

よくないものなら、「どけてあげたいなぁ」と、気になっている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)