【ゾッとする怖い話】棒状のもの

3年前に体験したミステリアスな話。

家から歩いて30秒くらいのところに公園があって、

そこには甲子園の地区予選とかでも使われている

大きな球場がある。

寝付けない日には、その公園に行って

夜風に吹かれながらタバコを吸ったり

周囲をぐるっとブラつくのが日課だった。

ある日、深夜2時頃になっても寝付けず

いつものように公園に行き、球場の周囲を歩いていると、

球場の真ん中に誰かいる事に気づいた。

「不審者が忍び込んでるのか?」

と、よくよく見てみると、

遠目からでも「人」ではない事がシルエットでわかった。

おそらくは、3メートルくらいはある縦向きの白い「棒」だ。

レモンみたいに両端が萎んでいて太さは30センチくらい。

棒が2本、球場をホバリングしながらフワフワ漂っていて、

同じ場所をグルグルと探し物でもしているように動いている。

「なんだあれ・・・」

と思い、凝視しても一向に正体が掴めず、

30分くらい見てたら眠気がきたので、その日は帰ってしまった。

翌日、正体が気になって、

また深夜2時頃に公園に行ってみた。

球場の真ん中を見てみたら何もおらず、

「気のせいだったのかな・・・」

と帰ろうとしたが、

ふと見たら、今度は球場の端、

選手が控えるベンチの付近に

例の棒がフワフワと漂っているのを発見した。

ただ、今日はなぜか棒が1本しかいない。

もう1本はどこ行ったのかと見渡していると、

自分が覗いていたところから10メートルほど離れた

球場の外に棒がいた。

例えるなら「ムンクの叫び」の顔の部分だけ切り取って、

画像処理で思いっきり縦に伸ばしたみたいなものがいて、

こちらの様子を伺うようにフワフワ浮いている。

球場の中にしかいないと思いこんでいたのに、

急に目の前に現れ「っわ・・・!」と、

声にならない短い叫び声を上げた。

めちゃくちゃ怖くなって、

その場から走って逃げ出した。

変に冷静で、

「このまま真っ直ぐ家に帰ったらバレる!」

と思い、逆方向から公園を抜け出し、

ぐるっと町内を一周して裏口から帰宅した。

帰宅後も心臓バクバクで、その日は結局寝付けず、

翌日以降はその公園に一切近づかないようにした。

近所の友達や両親などに話してみたが、

当然、誰も信じず、

この公園では過去に誰か死んだとか

心霊現象目撃談とか一切ない。

ただ、入念に調べてみると、UFOの目撃例があったらしく、

ぶっ飛んだ推測だけど、あれは宇宙人だったのかも知れない。

それから数ヶ月は公園に近づく事もなかったが、

それ以降は恐怖心も薄れて普通に「日課」として戻っているが、

あれは一体なんだったのだろうか・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)