【ゾッとする怖い話】秋葉原で見た怪人

初めて秋葉原に行った時の話。

俺は中1で友達と2人で秋葉原に行った。

とにかく楽しかった。

気づくと夕方になってて、

全く人影の無い道に出ていたんだ。

なんだか不気味な雰囲気で嫌だった。

ふと後ろを向くと、

全身真っ黒なんだけど顔だけ真っ白な奴がいた。

だいぶ後ろにいたから、あんまり見えてなかったけど

不気味で友達と早歩きしたんだ。

いくら歩いても人影は出てこない。

また後ろを向くと、さっきよりアイツが近づいて来てた。

真っ黒にハットのような帽子、

下向いててあんまりわからなかったけど、

顔が真っ白で、口だけ赤い。

怖くなって走った。

それで道を曲がった。

とにかく、あの付近から離れたかった。

さらに、また道を曲がったら、

アイツが目の前にいた。

真っ白の顔が、

赤い口でニヤリと笑った。

ひたすら走ってるうちに戻ったけど、

あれから秋葉原が少し怖くなった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)