【ゾッとする怖い話】手を振っていた相手

家までの帰り道の途中に

一軒のアパートがある。

俺がそこを通る時、いつも若い女の人が

そのアパートの窓からこちらを見ていた。

「俺に気があるのか?」と思い、

手を振っているがまったく反応しない。

そんなある日のこと、

仕事に行く前に朝のニュースを見ていた時、

「自分の家の近くで死体が見つかった」

というニュースが流れた。

その死体発見現場というのが、

帰り道の途中にある、あのアパートだった。

なんでも、女の人が首吊り自殺したんだとか。

そして、その女の人の写真がテレビに映った瞬間、

俺は驚いた。

その画面に映った女の人の写真は、

「俺が毎日、手を振っていた女」

だったのである。

俺がいつも通っている帰り道の方向を向いたまま、

首を吊って死んでいたそうです。

俺は毎日、死体に手を振っていたらしい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)