【ゾッとする怖い話】マスクを外してはいけない

ある工業高校での話。

 

コンタクトレンズを付けていた

男子生徒が、

 

実習中にバーナーで

鉄を焼いていた。

 

その実習では、

 

バーナーの熱が

1000℃以上に達する。

 

そのため、

防護マスクを着けることが

義務付けられていた。

 

しかし、

その生徒はバーナーで

鉄を焼いているうちに、

熱くなってきたのか

マスクを外してしまった。

 

その時には「凄く熱いくらい」

にしか思わなかった。

 

だが、家に帰り、

コンタクトを外したら、

急に辺りが真っ暗になってしまった。

 

そう、

1000℃以上のバーナーを

直視してしまったために、

角膜とコンタクトが融合してしまい、

 

外した時に一緒に、

角膜も剥がれてしまったという・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)