【ゾッとする怖い話】恐怖の公衆電話

うちの学校の怖い話。

 

10年ほど前、

ある男女がいたのだが、

この二人は学校一と言われるほど、

仲の良いカップルだった。

 

でも、カップルと言っても、

一度もデートをしたことが

なかったそうだ。

 

なぜなら、

どちらの親も家庭の規則が厳しく、

学校と部活以外は、

ほとんど外出禁止であったからだ。

 

ある日、

その男の子が女の子に

公衆電話から電話をした。

 

実は、この公衆電話は

呪われていて、

その公衆電話が

電話をした人に成り済まし、

電話をかけたりする事も

あるという。

 

でもその男の子は、

そんな噂話など全く知らずに

電話をかけてしまった。

 

「○○ちゃん(女の子の名前)、

今夜、家抜け出せる?

出来たら今夜デートしようよ」

 

「いいですよ。

何時ですか?」

 

「じゃあ、今夜の

12時頃にしよう」

 

「あ、後、どこで待ってれば

いいですか?」

 

「それじゃあ、

学校の前の公衆電話

(噂の呪いの電話)

のところで待っててよ。

すぐ行くから」

 

二人はそれだけを言って、

会話を終えた。

 

そして、

夜の11時30分頃に、

彼女は家を出た。

 

約束通りの12時頃、

公衆電話のところに着いたが

誰もいなかった。

 

「おかしいなあ。

すぐに行くって言ってたのに」

30分近く待っても、

誰も来なかった。

 

「もう帰ろうかな・・・」

彼女が帰ろうとしたその時、

その公衆電話が鳴った。

 

夜中に一人だけだった

ということもあり、

彼女は公衆電話を見つめた。

 

いつまでも鳴り止まない

その公衆電話は、

まるで彼女に出て欲しい

ようにも思えた。

 

そして彼女は、

その電話の受話器に

手を伸ばした。

 

「もしもし・・・」

ガチャガチャと音がしたが、

何も起こらない。

 

それでも彼女は、

電話の相手に呼びかけた。

「もしもし・・・」

「もしもし・・・」

彼女は何度も呼びかけた。

 

「・・・・・・ろ・・て・・・」

電話の相手が何かを言ってきた。

 

でもそれは、

何を言っていたかは、

よく聞き取れなかった。

 

「後ろ・・・いて」

途切れ途切れだが、

何を言っているのかは

ハッキリと分かった。

 

「後ろを向いて」

彼女は後ろを向いた。

 

夜中に彼女の叫び声だけが、

静まり返った辺りに響いた。

 

しかし次の日、

彼女は発見されなかった。

 

彼女はそこに倒れておらず、

家にも帰っていなかった。

 

結局、夜中に抜け出した彼女は、

誘拐されたということになった。

 

だが、デートを誘ったはずの彼は、

その日一度も彼女の家に

電話をしていなかった。

 

それからは、

毎日夜中の12時頃に、

女の子が公衆電話の前に

立っているという。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)