【ゾッとする怖い話】古びたホテルのドアを叩くもの

小劇団で活躍する山本さんは、

よく旅行をする。

 

それはプライベートな旅で、

東北のある街に行った、

最初の晩だ。

 

ちょうど観光シーズンゆえか、

あいにくと市内のホテルは

どこも満員だった。

 

何件目かの

とあるホテルに行くと、

旧館ならば部屋が一つ空いている、

と言われた。

 

それはモダンな新館に隣接した、

やけに古びた建物だった。

 

案内されて部屋に入った時、

山本さんはちょっと嫌な予感がした。

 

何となく空気が濃密な感じがして、

しかも、いわく言い難い、

圧迫感がある。

 

それまで霊体験のなかった山本さんは、

旅の疲れのせいだろうと思った。

 

その真夜中。

 

ドン!ドン !ドン!

部屋のドアが激しく叩かれた。

目を覚まして飛び起きた山本さんは、

音の聴こえたドアを見た。

 

「誰なの?」

ベッドから降りて戸口に向かうと、

彼女はそっと扉を開いた。

 

ところが、

外には誰の姿もない。

 

しんと静まり返った廊下が、

果てまで続くばかりだ。

 

薄暗い廊下の行き着く先に、

非常口と記した緑のライトが

淡い光を投げかけている。

 

反対側に目をやると、

エレベータの向こうに

階段が見えている。

 

時刻は真夜中の2時過ぎ。

さすがに歩く人影もない。

近くの部屋に泊まっている

誰かの悪戯だったのだろうか?

 

ふいに、

この部屋に入った時の

圧迫感を思い出して、

山本さんは背中にひんやりと

寒気を感じた。

 

そろそろとベッドに戻ったが、

なかなか眠れない。

 

恐々とドアに目をやれば、

部屋の暗闇の中、

真っ黒な扉の下の隙間から、

外の薄明かりが漏れている。

 

ようやく眠りに落ちた時だ。

ドン!ドン !ドン!

またも激しくドアが叩かれて、

山本さんは眠りから引き戻された。

 

ドン!ドン !ドン!ドン!ドン !

音は繰り返し聞こえている。

山本さんは震えながらも、

ひたひたとドアに歩み寄った。

 

すると、ドアの音はぴたりと

止んでしまった。

 

意を決した彼女は、

ドアの真ん中にある

小さな覗き穴から外を見た。

 

やはり、

廊下には誰もいない。

 

(そんな・・・)

覗き穴から目を離した時だ。

 

突如、

山本さんは背後から何者かに

恐ろしい力で突き飛ばされ、

 

顔をドアにぶつけて、

その場に昏倒してしまったのである。

 

意識を取り戻したのは

翌朝になってからの事だ。

 

「一体、どういうことなのよ!」

山本さんの苦情を聞いた

フロント係は、

青ざめた顔で同僚に

何か話しかけていたが、

やがてぽつりと話し出した。

 

「今から6年前・・・

あの旧館で

火事があったんです。

 

ほとんどのお客様は非常階段から

逃げられたのですが、

ちょうどあなたが泊まりになった

部屋におられた若い女性が一人、

非常ベルの音に気づかないほど

熟睡してらっしゃって・・・」

 

その女性が異常に気づいた時、

すでに部屋には煙りが

充満していたらしい。

 

彼女は必死に扉まで

這っていったが、

パニックに陥って、

チェーンロックを解除する事が

出来なかった。

 

結局、

その女性は部屋に

閉じ込められたまま、

煙で酸欠死したのだと言う。

 

山本さんは蒼白となった。

つまり・・・

ドアは部屋の内側から

叩かれていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)