【ゾッとする怖い話】ケガレチ

数年前、引越しのため

不動産屋で物件巡りをしていた。

 

すぐに条件にあったマンションが見つかって、

私は一目で気に入ってたんだけど、

一緒にいた妹が暗い顔して

「ここやめたほうがいいよ」と。

 

でも、反対を押し切って、

その場で即決してしまった。

 

引っ越してから、母は煙草の火が

髪に燃え移って大ヤケドするわ、アル中になるわ、

私は鬱病になって休職するわで最悪。

 

毎晩、耳元で大勢がつぶやく声がするし、

気がついたらマンションの最上階のフェンスから

下を見てたりしてた。

 

心配した妹が、霊能者の人に頼んでくれて

視てもらったら、部屋には原爆で亡くなった人の、

ものすごい強い怨念が棲みついてると。何体も。

 

その話を聞いた時、母が火傷した姿が

まさに原爆で負傷した人の姿そのものだった。

事に気がついて、ゾッとした。

 

私は鬱病どころじゃなくて、

自殺してもおかしくないほど憑かれてた

らしいんだけど、

元々の守りが強かったのと、

趣味(オタ)があったので

鬱病で済んでるってことだった。

 

慌てて引越しして、

(不動産屋から部屋についての

口止めの電話は来たけど)

母はとても元気になり、

一生残ると言われた火傷の跡も消えた。

 

元々私は「ケガレチ」とか霊的なものを

見たり感じたりするほうなのだが、

その部屋に限っては、

全くと言っていいほど感じなかった。

 

霊能者いわく、

「入った瞬間から憑かれてたから

わからなかったんだよ」と。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)