【ゾッとする怖い話】知らない同居人

ある20代の若い女性が

アパートに一人住んでいた。

 

だが、いつの頃からか、

夜中に閉めたはずの寝室のドアが

開いているようになった。

 

女性は気味が悪くなり、一度試しに

夜中に起きてみることにした。

 

すると、夜中の2時頃に突然スーッと

押入れの戸が開く音がした。

 

飛び起きてみると、押入れの戸の隙間から

男の目が覗いていた。

 

悲鳴を上げて部屋を飛び出すと、

後ろから髪をひっぱられた。

 

女性はそれを振りきって

近くの交番に駆けこみ、

事情を説明して数人の警察官と一緒に

アパートに戻った。

 

すでに男の姿はなく、

変わりに押入れから大量のゴミと

汚れた服が出てきた。

 

警察官は、

「この様子だと最低でも

2週間は住んでいましたね。

君、早くここを引越しなさい」

と言った。

 

その後、女性は管理人付きの

完全オートロックマンションに引っ越した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)