【ゾッとする怖い話】麻雀大会を開いた一軒家で・・・

大学生の時の話。

夏・冬休みになると、

48時間完徹麻雀大会を仲間うちで開催していた。

 

会場は俺が暮らしていた一軒家で、

ここは屋根を子供が走り回って

笑う声が昼夜問わず聞こえてきたり、

天井から下がってるライトが

地震のように揺れるほどの大音響と振動があったり、

ラップ現象が日常的に見られる家だった。

 

俺は馴れて気にしなかったけど、

霊感強い友人は泊まるとほとんどが金縛りになっていた。

 

試験前に「お兄ちゃんはお勉強中だから静かにしようね」って

天井に声をかけて、

静かになった時は可哀想に思ったし。

 

話を戻して麻雀大会だが、

毎回30時間を経過した頃になると、

半荘で全員が役満上がったり、

ラップ現象が頻発して稗が倒れたり、

それぞれの背中が順に熱くなったりの、

怪奇タイムが始まる。

 

皆も何かの気配は感じてるから、

麻雀中断して、

ソレが部屋の何処に居るのか?

外見の特徴は?

を紙に描いて、

セェーので開いたら…

 

俺も含めて全員が、

朝食作りに来ていた友人の彼女におぶさっている絵を描いていた。

もちろん彼女は気付いてないのだが、

その時俺たちを見てニコッと笑った顔が、

瞬間的に子供の顔だった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)