【ゾッとする怖い話】山中で見つけた妙な物

知り合いの話。

 

彼の祖父は棚田で米を作っていたのだが、

山中で妙な物を見たらしい。

 

田植えの終った日、畦に座って一休みしていた時。

背側の藪から、

ピィピィと何やら小動物が鳴くような声が聞こえた。

 

はて、狸でも怪我をしているのかな。

そう思って藪をかき分けると、

まったく奇妙な物が目に入った。

 

短い毛が全身に生えた、

一見何かの堆積物のような物。

思わず毛の生えた海月を連想したのだそうだ。

 

何だこりゃ、生き物か?

手近な枝を拾って、持ち上げてみる。

濡れた雑巾を持ち上げるかのような感触がしたという。

ひっくり返すと、顔が出た。

赤い日本猿の顔だった。

 

その時、急に理解した。

理由はわからないが、

この猿は骨がなくなっている。

 

なぜ生き長らえているのか不思議だった。

全身がぐんにゃりとした猿は、

またピィピィと哀れっぽく鳴いた。

 

骨がないので、

身動きすることが出来ないようだ。

 

殺すのも忍びないので、

そこに置き去りにしたという。

 

家に帰ってから父に知らせると、

こう注意を受けた。

 

「『骨抜き』にやられたな。しばらくはお前も気をつけろよ」
言われるまでもなく、

彼は藪には絶対に近寄らないことにした。

 

猿のかすれた鳴き声は、

それから数日間聞こえていたという。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)