【ゾッとする怖い話】犬が3匹

学校が午前中で終わり、

帰宅したのが昼少し過ぎ。

 

3時半からのバイトまで数時間しか空いてないけど、

少し疲れてたので昼寝をすることにした。

 

うとうとし始めたとき、

廊下を飼い犬(小型犬)が歩いてくる音が聞こえた。

 

犬は部屋に入ってきて(ドアは開けっ放しなんで)ベッドに上がり、

私の足元で丸くなった。

 

犬はいつも、誰かが寝ていると一緒にくっついて寝るので、

私は「足が動かしづらいなぁ」

と思いながらも黙って目を閉じていた。

 

すると、犬が足元から頭のほうへ、

布団の上をぽすぽすと移動する感触がした。

 

しかしおかしい。

だって、足元には犬の重みがそのまま残っている。

 

あれ、と思う頃には犬は私の顔に、

どうやら鼻を寄せていた。

フンフンといつも聞く鼻を鳴らす音がしている。

 

また次の瞬間には、

後頭部でも犬の気配がして

(仰向けじゃなくて右耳を枕につけて寝てた)、

匂いをかいでいる様子がわかった。

 

何で三匹もいるんだ?と思い、

確かめようとしたが目が開かない。

 

それどころか、

間近に犬の顔があるせいか、

息もできない。

 

だんだん苦しくなってきて、

なんとか犬を振り払おうと力を込めた。

 

はっ、と気がついて目を開けると、

犬はどこにもいない。

 

呼吸は酸素不足でぜいぜいしていたし、

心臓は走った後のように早くなっていた。

そのあとも昼寝を続けようとしたが結局眠れなかった。

 

逆に疲れたよ・・・

とバイト先で思い返していてふと気づいた。

ウチ、犬なんて飼ってない。

 

・・・・・・・上の二行みたいなオチがあればまだ怖い気もするけど、

これはウソ。

 

でもあんなにリアルに気配を感じてしまうと少し不気味。

窒息しかけたし。

本物の一匹はどれだったんだろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)