【ゾッとする怖い話】雨の中の傘

先月下旬に出張で山形に行った時の事。

 

駅前でレンタカーを借りて、

ぐるぐるとお客さんの所を周ってさ、

その日最後の約束先との商談を終えて、

車を返す為に市内に向かって山道を走っていた。

 

商談の途中から雨が降り始めていてさ、

帰る頃には叩きつけるようなゲリラ豪雨の状態。

 

お客さんからは「気ぃつけてな」って言われて、

山道でこの天気だし、

車の返却時間まではまだ時間的に余裕があったから、

「まぁ、のんびり行くか」って、

結構ノロノロとしたスピードで走ってた訳ね。

 

山道はギリギリで車がすれ違える位の道幅でさ、

しばらくすれ違う車もないまま、

ラッキー♪って思いながらゆっくり車を走らせていたんだけど、

お客さんの所を出てから15分くらい経ったのかな。

 

車の屋根を叩く雨音が一層酷くなってきて、

フロントガラスも全力でワイパー動かさないと前が見えない状態。

 

雨のせいで視界もかなり悪い中、

細い山道をグネグネと曲がりながら、

うわぁ…危ねぇなぁ…とか思いながら、

慎重に運転してたんだ。

 

ふと前方に、オレンジっていうより柿色っていうのかな?…

派手な色が見えて、

ノロノロスピードでそれに近づいて行くと、

道のど真ん中に傘が開いて置いてある。

 

見える範囲で周りに人の姿なんてなかったから、

誰だよ、んなとこに傘捨てた奴って思いながら、

仕方なく車を止めたんだけどさ。

 

車を止めると同時に、

道路に置いてある傘がふわっと浮かび上がった。

 

当然、一瞬びびっちゃって、

何??って思ってよく見ると、

柿色の傘を持った人影があってさ…

傘と同じような色の服を来た小さな人影が。

 

開いた傘の正面が俺の方に向いていたせいで、

子供が傘の陰になっているのが見えなかったのかったんだ…

って「ホッ」としてさ。

 

それで、車が突然止まったから気づいてくれたんだな~って、

その子がどいてくれるのを待ってた訳ね。

 

雨の中で細い山道を走っていたのと、

傘の件があったというのも含めてさ、

緊張をほぐす為に、

「ふぅ」って息を吐いて姿勢変えたんだけど、

道の真ん中にある傘がどいてくれる気配が全くない。

 

朝の早い時間から新幹線に乗って山形まで来て、

車でお客さん周りをした後で流石に疲れていたから、

どいてくれない子供に対してイラっってきてさ。

 

軽くクラクションを鳴らそうかと思って手を動かそうとしたら、

「しばらく待つのが良いだろう」

…って、女性の声が聞こえて来た。

 

車の中には当然俺一人しかいないし、

車の外から聞こえてきた感じもしない。

 

それどころか、激しい雨の音のせいで、

外からの音なんてまともに聞こえる状態じゃない。

 

クラクションを叩こうとした手を浮かせたまま、

前方の柿色の傘を持った人影を凝視。

 

それでよくよく考えたら、

この辺りに民家なんてないのよ。

 

しかも、物凄く激しい雨で視界が悪くて、

前方にいる人影はぼんやりとしか見えないのに、

柿色の傘だけは浮かび上がるようにくっきりと見えている。

 

夕方でこの雨とはいえ、

外は比較的明るかったんだけど、

怖くて怖くて何も考えられなくなって、

思考も体も完全に固まってしまってさ。

 
そしたら、「しばらく待つのが良いだろう」…って、

もう一度女性の声がしたんだ。

 

何でかは知らないけど、

二回目の声を聞いてからスーッと緊張と恐怖感がなくなって、

待てって言うんだから待った方がいいんだろうなぁ…

って思っちゃってさ。

 

少し後にバックして、

車を道の端に移動させて、

ハザードランプをつけたのね。

 

車を道の端に寄せて前方を見ると、

さっきと変わらずに、

柿色の傘を持った人影が道の真ん中に立っている。

 

一服するかぁ…って、

煙草を吸おうかと思って懐を探ったんだけど、

…子供?が見てるし…なぁ…と思い直して、

懐に入れた手を取り出そうとした時に、

ふと助手席に置いてある物に目がとまった。

 

助手席あったのは、

来る時に上野駅で買った『ひなの焼き』の袋。

 

『ひなの焼き』っていうのは、

銘菓ひよ子のお店が上野駅限定で販売している大判焼きでさ、

白餡と黒餡の二種類の大判焼きに、

ひよ子の焼印がしてあるだけの物なんだけどね。

 

来る途中の新幹線で食べようと思って、

白・黒一つづつを買ったんだけど、

山形に到着するまで爆睡しちゃって、

そのまま車に置きっぱなしにしてたんだ。

 
助手席に置いてある『ひなの焼き』の袋を開けて中を嗅いでみたら、

別に変な臭いもしていない。

 

おっ♪いけるじゃん、

と思いながら、

煙草を吸う替わりに、

水気でしなっとした『ひなの焼き』を食べようとして、

ふと…正面を見ると、

柿色の傘の人影がいなくなっている。

 

「えっ?」と驚いて周りをキョロキョロと見ると、

助手席側の窓の外に柿色の傘が見えた。

 

後から考えたら、

道の端に車を寄せたせいで、

人が立つスペースなんてないはずだし、

どうやって移動したんだ?

って思うんだけど、

その時は別に不思議に思わなくてさ、

この傘って和傘なんだ、

傘しか見えないな…

さっきも雨で姿はまともに見えなかったけど、

とか、くだらない事を思ってた。

 

何か…見られてるのに、

一人で食べるのもなぁ…と思って、

持っていた『ひなの焼き』の袋を助手席に置いて、

「食べます?」って助手席の窓に向かって声を掛けたんだ。

 

返事なんて期待してなかったし、

自分が取り出した『ひなの焼き』にかぶりついたら、

「いただこう」って女性の声。

 

行儀が悪いんだけど、

口の中で『ひなの焼き』を

もごもごさせならが「どうぞ」って応えて、

あ~黒餡だったかぁとか思いながら、

ペットボトルのお茶を流し込んだんだ。

 

そうしたら、「ほぅ…甘いのぉ…」

って嬉しそうな女の子の声。

 

へっ?と思って助手席の方を見るけど、

袋は助手席に置いてあるし、

窓の外にも変わらず柿色の傘が見える。

「………」

車と道路を打つ雨音だけが響いてる中、

喜んでもらえているなららいいか…って思って、

フロントガラスを叩く雨粒を眺めながら、

チラチラと助手席の方を窺ってたのね。

 

時間にしたら1~2分だと思うんだけど、

「そろそろ良いだろう……馳走になった」

って女性の声がした。

 

助手席の方を見ると、

さっきまで窓の外にあった柿色の傘が見えなくなっている。

念の為に車の周辺を見渡してみるけど、

傘も人影もない。

 

助手席に置いてある『ひなの焼き』の袋の中を確認すると、

中には『ひなの焼き(白餡)』が一つ。

 

煙草を取り出して火を点け、

紫煙を吐き出して、

「行くか」と慎重に車を動かそうとすると、

久しぶりの対向車が、

ノロノロとしたスピードで山道を上がってくる。

 

じーっと対向車が通り過ぎていくのを確認して、

ゆっくりを車を発進させた。

 

その後は、何かあるのかな?

と用心しながら運転していたけど、

何事もなく山を降りる事が出来、

車も無事に返すことが出来た。

 

袋の中に残っていた『ひなの焼き』は、

車を返した後に食べてみたけど、

ほとんど味らしい味がしなくて、

パサパサとした感じになっていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)