【ゾッとする怖い話】大道芸人ポコさん

私の近くの公園に、

いつもポコさんという大道芸人みたいな

おじさんが週に3回来てた。

 

顔は白粉か何かで白く塗り、

眉毛を太く塗り、

ピエロの様な格好でいつもニコニコしてた。

 

ある日は紙芝居をしたり、

また別の日にはジャグリングをしたり、

風船で動物を作ったりと、

多才な人だった。

 

ポコさんが来る時には、

何時も決まってラッパの様な笛で

「ポーポー」と音を鳴らしながら、

空いてる手で小太鼓を叩く。

 

「だからポコさんって呼ばれてまーす」

と本人が言ってた。

 

そのポーポーコンコンの音を合図に、

近所の子供は勿論の事、

中学生や子連れのママさん達も

集まるぐらいに人気だった。

 

それがある日、急にぱったりと来なくなった。

楽しみにしていた子供達は、

今日こそは、今日こそはと待つも、

とうとう4ヶ月たってもポコさんは来なかった。

 

それから4ヵ月後、

ポコさんの笛の音と太鼓の音が公園から聞こえた。

 

ワイワイガヤガヤと子供達が集まっていく。

私も同様に友人達とそこへ向かった。

すると公園の中央で、

笑い声とも叫びともつかぬざわめきが聞こえてきた。

 

私達がそこに着く頃には、

16人ぐらいの子供達がポコさんの前で座ってたが、

何故か子連れのママさん達は皆帰っていった。

 

そして、何時もなら

「ポコさーん」と声を掛け合っている子供の集団も、

不安げに静まり返っていた。

 

それらの違和感の正体は、

ポコさんの顔を見て直ぐ分かった。

事も在ろうにポコさんは、

白塗りの顔に赤い血を目や口から出してるペイントをして、

髪の毛を白髪にしていたのだ。

 

ポーポーコンコンの音を鳴らしながら

見開かれた目は血走っていた。

 

しかし、それも演出の一つなんだろう。

という思いから、

私や友人もみんなの輪に入り、

座って演目の開始を待った。

 

それから数分後、

その日用意されたのは紙芝居だった。

いつも通りの明るい声で、

「さーて、始まるよー。今日の紙芝居はー」

と捲った瞬間、

子供達は悲鳴をあげた。

 

『最愛(さいあい)の死(し)』

とタイトルされた赤い手書きの文字。

 

そして正真正銘の死体の写真

(グロでは無く、死装束で棺おけに入ってるもの)が、

紙芝居には掲げられていた。

 

子供達のあまりの悲鳴に大人が何人か来て、

その写真を見つけ、

「おいおい、ポコさんこれはあまりにもひどいよ・・・」

と言うのを無視して、

ポコさんは話を進める。

 

さらに捲られた一枚には、

血まみれの死体(グロ写真)が。

 

流石に子供達は散散と逃げまわり、

2人の大人がポコさんを止めにかかったが、

「お、おーまーえーか!!!」と大声をあげながら、

持っていた太鼓の鉢や笛で叩いて錯乱状態。

取り押さえられて、

連絡をうけた警察に連れていかれた。

 

どうやら紙芝居の中身は、

大人が吐く位のものだったらしく、

片付けを手伝ったママさんの一人がもどし、

伝播したおじさんの一人も吐いた。

 

あとで聞いた話では、

ポコさんの身内で不幸があったとの事だった。

 

町内の噂では、

ポコさんの目の前で起きた轢き逃げ事故だったらしい。

 

犯人は捕まったものの、

やりきれない思いから壊れたのだろう。

との事だった。

 

この話には続きがある。

 

ある朝の5時ごろに、

ポーポーコンコンという音を聞いた。

 

8時ごろ学校に行く為に外へ出たら、

公園の方向が騒がしく、

向かうとビニールシートで囲まれていた。

いつもの格好のまま、

ポコさんは自殺したらしい。

 

それからというもの

誰もいない公園から笛と太鼓の音が聞こえたとか、

朝、家の前の道を、

誰かがポーコン鳴らしながら歩いてた、

という噂が後を耐えない。

 

私も何度か体験しているが、

それは何だか悲しい音色でした。

 

以上です。

ポコさん、そんだけ奥さん愛してたんだろうね。

でもやりすぎです。

トラウマになって、

ピエロを見るとそれを思い出すし。

子供を巻き込んじゃだめだよ。

 

書き忘れたけど、

奥さんも何度かポコさんについて来てた事があって、

見たことあるんですよ。

 

それだけに悲しい話ではあるんですけど、

子供にはあまりにも怖いですよ。

 

本人は、その気があるとか無いとか

わからない状態だったんでしょうね。

あんな状態だと成仏とか出来ずに、

未だに犯人探しか、

奥さんを探してるんでしょうかね。

 

良い風に解釈して、

子供を笑わす為にまだ彷徨ってるって

友人が言ってましたが、

彷徨うこと自体が悲しいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)