【ゾッとする怖い話】首吊り死体の顔

幽霊がでるという噂のある山道へ行ったとき、
木の葉の間から人らしき物体がふわふわ浮いてみえた。

 

もしや幽霊!?

と思っておそるおそる近づくと、

幽霊ではなく女性の首吊り自殺だった。
怖かったが、

このままにしておくのもかわいそうだから

下へ降ろそうと近づくと
「ばさっ」という音がした。
びっくりすると、

只単に自殺者の靴が落ちた音だった。
とにかく降ろそうと思い

紐に手を伸ばそうとするがなかなか上手くいかない。
場所を変えようと

死体の正面に回ったり何度も挑戦するが全くできない。
そうこうしているうちに、

また「ばさっ」という音がした。
えっ?と思い下を見ると、

死体の下には何もなく自殺者の足を見ると、
なんと靴を履いている。

怖いし警察に電話しようとその場を立ち去ろうとした瞬間、
「……カオヲミロ……」
感じていた違和感の正体に気付いた…。
何度も正面に回ったりしていたのに

何故か死体の顔が思い出せない事を。

 

そして、何故か死体の後ろ姿しか見ていなかった事を…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)