【ゾッとする怖い話】覗き穴

大学生の男は古いアパートで一人暮らしをしていた。

 

男の部屋の壁には、

小さな穴が開いており、

そこから隣の部屋の様子がのぞき見ることができた。

 

隣の入居者は若い女性。

女性はのぞき穴の存在に気付いていないらしく、

男はこれ幸いとばかりにのぞき行為を続けていた。

 

そして、ある日の事。

夜中の3時をまわった頃、

男はドスドスという物音で目を覚ました。

 

何事かと思えば、

隣の部屋から聞こえてくる物音だった。

 

もしかして男でも連れ込んだか?と思い、

喜び勇んでのぞき穴を覗く。

 

隣の部屋も電気を消しており、

詳しい様子をうかがい知る事はできなかったが、

人影が二体あることは確認できた。

 

これは間違いない、と男は興奮したが、

すぐに様子がおかしいことに気付いた。

 

男と思われる大きな人影が動くばかりで、

女性のほうは全く身動きしていないのだ。

 

暗がりに目が慣れてくると、

男が女性を殴りつけているということが分かった。

 

女性は猿ぐつわを噛まされているらしく、

微かに「うっ」という声を漏らすだけで悲鳴をあげられなかった。

 

終には呻き声も聞こえなくなった。

すると男の人影は隣の部屋から出て行った。

 

強盗だ!

 

男は警察に通報しようと思い、

電話の受話器に手を掛けたところで動きを止めた。

 

もし通報すれば自分がのぞきをしていたことがばれてしまう。

自分の保身のために、男は通報を思いとどまった。

 

一週間としないうちにアパートに警察が押しかけてきた。

やはり隣の女性は殺されていたらしい。

 

当然、警察はのぞき穴の存在を発見し、

何か見なかったかと男に聞いた。

 

男は「壁の穴なんて気付かなかった。

その日もなにがあったか気付かなかった」と言った。

 

他にもいくつか質問されたが、

警察は男のことを疑っている様子は無かった。

 

殺人の瞬間を目撃したことは忘れられなかったが、

通報しなかった事への罪悪感はすぐに薄れていった。

 

事件から二週間たっても、犯人は依然として捕まらなかった。

 

そして、ある日の事。

 

夜中の3時をまわった頃、

男は再びドスドスという物音で目を覚ました。

 

しかし、隣の部屋は事件以降、

新たな入居者は入っていないはずだった。

 

それでも、その物音は間違いなく隣の部屋から聞こえてくる。

恐る恐るのぞき穴をのぞいて見たが、

動くものの気配は無い。

 

気のせいか、と思い穴から離れようとした瞬間、

狭い穴の視界を埋め尽くすように、

かっと見開かれた血走った目が現れた。

 

男はがっちりと目を合わせたまま、

驚きのあまり身動きが取れなかった。

 
そして、かすれた女の声で一言、

「見てたでしょ」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)