【ゾッとする怖い話】生きている人が怖い

霊でないから、

ほんのりに。

 
知人の婦長から聞いた、

彼女が一番ゾッとした話。

 
それは看護師仲間(A)との会話だったそうです。

 

Aは某幼女連続殺人犯(B)と幼なじみで、

母親同士が仲良かったそうです。

「あの頃Bを苛めてなければ、

起きなかった事件だったかも。

本当の加害者は自分?」

 

Bの手記に幼少期に

苛めを受けた事がきっかけだったと書かれていて、

AはBをよく苛めていたそうです。

 

母親同士はあだ名で呼びあってたそうです。

彼女は精神科に勤務。

Aも精神科の看護師をしているという事。

「それを笑いながら話すのよ。

やっぱり生身の人間が一番怖い」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)