【都市伝説】虚船

花の色は

うつりにけりな

いたづらに

我が身世にふる

ながめせしまに

 

享和三年の二月二十二日、

(伝承ではそうだが、

実際は数日のずれがある)

現在の茨城県大洗町から鹿島市

(北茨城という話もあるが、

実際は旧大野村が正しい)

にかけての海岸に漂着した、

虚舟(うつろぶね)の話。

 
蛮国の王女として

話は現在まで受け継がれているが、

ガラス窓のある鉄でできた球体の舟と、

異国の美しい娘

(年の頃は二十歳くらい)と、

娘が大事に持っていた

大きな箱の行方についてだ。

 

話は虚舟を発見した村人たちが口裏を合わせて、

娘と一緒に舟を海へ戻したというが、

本当のところはそんな事はしていない。

 

舟も娘も村人の内の誰かに匿われ、

今も残っている。

 

海に返したと当時の人間が

口裏を合わせれば、

それで済んだ事だ。

 

もし匿われたなら、

漂着した海岸の村の有力者、

即ちその辺りの地主が

秘密裏に村の者達と協力して、

娘と舟を隠し、

育てただろう。

 

舟に刻まれていた文字が

英語に似てるというが、

どうみてもアルファベットには見えない。

 

△や〇やそれを繋ぐ線で描かれているし、

舟の中には革張りの

座席(シート)が二つある。

 

操縦桿は流線型の楕円形のハンドルだ。

ガラス窓を覆っている樹脂は、

松ヤニではなく合成樹脂だ。

地球上には無い。

 

先祖代々、

箱と舟は蔵の下に隠され、

娘の子孫が嫁ぐまで隠されてきた。

 

ある家系と

その異国風の娘の血縁が結ばれるまで、

大事に隠されてきたのだ。

 

運命と言えばいいか。

宿命の歯車と言えばいいか。

 

初代太陽神の孫の側近から離れ、

故郷の者の血と結ばれた。

 

ある勢力との関わりはここで更に強まり、

現在に至るようになった。

 

誰も信じない逸話だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)