【都市伝説】氷の魚

知り合いの話。

 

彼の祖父はかつて

猟師をしていたという。

 

遊びに行った折に、

色々と興味深い話を聞かせてくれた。

「寒い冬の日にはよ、

氷の張った淵でよく釣りをしたな。

専らワカサギやらオイカワを狙ってたんだが、

時々妙な魚が釣れた。

形は変わってて全体的に丸まっちいんだが、

これが綺麗に透き通ってたんだ。

目玉が一番濃くて、

骨とか腸なんかも薄っすらだが見えてたな」

「コイツがよ、

鍋で煮たら溶けて失くなっちまうんだわ。

影も形も残らねえが、

煮ていた湯には粘りが出て、

確かに魚の味がする。

粘ったのをズルズルと啜ってたんだが、

これが大層美味くてな。

儂らはこの魚のことを、

“氷の魚”と呼んどったよ」

「食った奴らは

儂を含めて皆長生きしとるから、

体には良かったんだろうよ」

 

そう言って祖父さんはニコニコしていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)