【都市伝説】超危険!摂取すると死に至る身近な物質

皆さんはDHMOという物質をご存知だろうか。

Dihydrogen Monoxide(ジハイドロジェン・モノオキサイド)の略称で、

一酸化二水素(いっさんかにすいそ)と呼ばれる物質だ。

 

2003年、アメリカ・カリフォルニア州アリソ・ビエホ市の議会で、

このDHMOの規制決議が提案された。

その内容は以下のものである。

 

DHMOは水酸の一種で、常温では液体。

溶媒や冷却剤にもよく用いられる物質である。

 

近年問題となっている温室効果を引き起こすものであり、

酸性雨の主成分、

さらには扱い方によっては

重篤なやけどの原因にもなりうるものだ。

 

中毒性も非常に高く、

被験者に摂取させた後2日間与えないだけで、

DHMOを異常にほしがるようになってしまう。

 

しかも、過度な摂取は死に至ることがある。

毎年、DHMOによる死者が多数でている。

 

おそるべきことに犯罪者の98%以上が

犯罪行為の24時間以内にDHMOを含む物質を

摂取していたという報告もある。

大変危険なものなので規制すべきだ。

 

ここまで読んで、お気づきの方もいたかもしれない。

そう。DHMOとは実は

『水』のことだ。

 

とあるWebサイトのジョークを真に受けた担当者が、

実際に議会に決議を求めたのが先ほどの内容となる。

結局途中で気付き、決議までは至らなかった。

 

人は悪い事実しか知らされなければ、

それを悪と思ってしまうよい例であろう。

 

ひょっとすると、あなたが正しいと思っていること、

正義だと思っていることは、

誰かが都合よくねじ曲げた情報を、

信じきっている結果かもしれない・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)