【都市伝説】アニメ「トムとジェリー」のその後

1940年代にアメリカで公開されたアニメ。

ネコのトムといたずらっ子のジェリーの

ドタバタ追いかけっこが面白いこのアニメですが、

都市伝説とされている最終回があるのです。

 

寿命の近づいた猫がひっそりと息を引き取ることは有名ですが、

トムも同様ジェリーの前から姿を消してしまいます。

 

ジェリーもトムの死を感じ、

あきらめていましたがチクリと刺さる

不思議な胸の痛みを感じていました。

 

そのあと、新しいのろまな猫がジェリーの前に現れ、

トムの時と同様にいたずらをしようとしますが、

トムのように罠にかかることはなく近くにいたジェリーにかみつき、

致命傷を与えてしまいます。

 

死を感じたジェリーは、猫の強さを体感し、

その上でトムがいつも自分を逃がしてくれた、

わざとやられたふりをして遊んでいたことを気付くのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)