【都市伝説】ひとりかくれんぼ

『ひとりかくれんぼ』をご存知だろうか?

いわゆる『こっくりさん』的な心霊系の遊びである。

 

いまネット上でにわかな盛り上がりを見せている、

その『ひとりかくれんぼ』。

 

ネットの住民たちはひとりで実践した結果、

あらゆる異変が起こっているというのだ。

 

簡単にその準備から方法までを説明をしておこう。

【準備するもの】
●ぬいぐるみ(手と足があるもの)
●米(ぬいぐるみに詰められる程度)
●縫針
●糸(赤)
●刃物や錐など、鋭利な物
●塩水(コップ一杯ほど。天然塩がベター)

 

【やり方】
まず、『最初の鬼は○○(自分の名前)だから』と

ぬいぐるみに向って3回言う。

 

次に風呂場に行き、

ぬいぐるみを風呂桶中に入れる。

 

水が入ってればそのままぬいぐるみを入れる

(水が入ってなければぬいぐるみを入れたあと、水を入れる)

 

そのまま部屋に戻る。

家の中のテレビ以外の電気(明かり)を

全部消して(テレビは必ずつける)、

目をつぶり10数えたら、

包丁(鋭利なものなら何でも)を持ち

うろうろしながら風呂場へ。

 

そしてぬいぐるみのとこへ来たら

『○○(ぬいぐるみの名前)見つけた』と言って

包丁をぬいぐるみに刺し、

『次は○○(ぬいぐるみ)が鬼』といいながら

その場に置き、

置いたらすぐに逃げて隠れること。

 

【隠れる時の注意】
●家の外に出ない。
●テレビ以外の電気(明かり)は必ず消す。
●塩水も持って一緒に隠れること。
●隠れてる時は静かに
●2時間が遊ぶ限度
●同居人がいる場合はやめときましょう(同居人に何らかの害があると噂されています)。
●あとは、気をしっかり持って気をつけて下さい

 

【終らせ方】
まず塩水半分口にふくんだまま

隠れてる場所から出て下さい。

 

何か見えても感じても

絶対塩水吐かないでください。

 

そのままぬいぐるみ探してください

(風呂場にあればいいですけど……)。

 

ぬいぐるみを見つけたら、

まずぬいぐるみにコップの残りの塩水をかける。

 

その後、口の中の塩水も吹き掛けて下さい。

吹き掛けた後『私の勝ち』と3回言って終りです。

 
ぬいぐるみは必ず捨てて下さい。

「燃えるゴミ」に出すなど

最終的に燃える形であればいいです。

 

 

……と、細部にまで決まりがある

『ひとりかくれんぼ』だが、

実際に試した人の中には「テレビが消えた」

 

「テレビのチャンネルが変わっていた」

「”ドンドン”といったラップ音がこだました」

「人形の位置が微妙に変わっていた」

などなどの報告がネット上に上がっている。

 

退屈な一人暮らしをしている貴方、

好奇心おう盛な方、

オカルトに関心がある方など

一度お試しあれ

(どんな結果が出た場合も責任は負いかねます)

 

※注意 必ず必ず終らせて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)