【都市伝説】20年間変えない風呂の水

後味悪いっていうか気持ち悪い話。

有名だから知ってる人も多いかもしれない。

 

『銭形金太郎』っていう、

貧乏だったりドケチだったりする

素人を紹介する番組があって、

その番組の中で、

風呂の水を取り替えない

お婆さんを紹介する回があった。

 

20年も替えていない、

阪神大震災の時は

わざわざ風呂の水を持ってきたとまで言うお婆さん。

 

お婆さんはニコニコしながら真っ黒い風呂に浸かり、

なんか粉的なのが入ってるから平気なんだと言う。

 

その後リポーターも入らされたけど、

くさいとかすげえヌルヌルして気持ち悪いとか言って

すぐ上がってた。

 

最近そのことを思い出したんで

ネットで検索してみると、

それは『マコモ風呂』っていう

宗教みたいなエセ科学だった。

 

風呂の水を取り替えずに入ってると、

なんかスゴイ微生物が発生して

肌から身体の毒素を排出してくれるんだと。

 

でも実際には、

細菌がめちゃくちゃ増えまくって

アメーバレベルになった腐った水。

考えただけでも気持ち悪い。

当時はドケチな人もいるんだなー

と思っただけだったけど、

真相を知ったら寒気がしたわ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)