【怖い話】小学校のバザーで買った外国製の人形

これは、私が小学4年生くらいの時に体験した出来事。

その時に通っていた小学校のバザーで、身長が30センチくらいある外国製の人形を見つけた。

見た目は古かったが、今まで売れなかったのが不思議なほど綺麗な人形だった。

私は「これは掘り出し物かも知れない!」と思い、その人形を受付へ持って行った。

その受付を担当していたPTAの保護者は、どことなくオドオドした様子だったが、その時の私は綺麗な人形を手に入れられたのが嬉しくて、あまり気にしなかった。

家に帰ってから、さっそく自分の部屋の本棚にその人形を飾った。

人形は黙って空を見つめていた。

その夜、私はあまり寝付けず、何回か寝返りを打っていた。

しばらくして仰向きになった時、ドサッと私の上に何かが覆い被さった。

その瞬間、私は動けなくなった。

声を出そうとするが、口が動かない。

唯一、目だけが動かせた。

私は、重みがした掛け布団の上を見た。

暗闇の中に、二つの青い光が見えた。

・・・いや、あれは目だ。

あの人形の目だ。

不気味な笑顔を浮かべながら、私の顔を見つめている。

人形の口が動いていたが、何を言っているのか分からなかった。

私が憶えているのはここまで。

その後は気を失っていたようで、気付いた時には朝になっていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)