【怖い話】石彫の仏様

うちの田舎に伝わる怖い話です。

うちの田舎の墓地には釈迦堂があって、

そこには石彫りの仏様がある。

 

その仏様を彫ったのが近所でも尊敬されてる、

元・学校の先生。

 

今と違って、

当時は学校の先生というと、

そりゃ偉い存在でしたよ。

 

まぁ、その先生が在所の人から依頼されて、

仏様を彫り出した。

 

2メートルほどの石を彫る訳で、

何年もかかってようやく、

完成間近というところで、

その先生が病気になり、

死んでしまった。

 

未完成の石仏はそのまま釈迦堂へ納められた。

未完成の石仏には、目が彫られてなかった。

 

ほどなく、釈迦堂からカツンカツンと石を彫るような

音が聞こえるという噂がたちはじめた。

在所の人たちは、

亡くなった先生が仏様を完成させようと夜な夜な、

石仏を彫っているのだと噂した。

 

そして、先生が亡くなってから、

49日後、石仏は完成し、

釈迦堂から石を彫る音は聞こえなくなった。

 
今もその釈迦堂も石仏も存在している。

お盆には釈迦堂が開けられ、

その石仏を拝む事ができる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)