【謎な怖い話】記憶が飛んだ時に会っていた人

たまーに記憶の空白が訪れる。

正確に言うと、

「気づいたら、

いつの間にか数時間経過していた。

そして、ついさっきまで

自分が何をしていたのかが判らない」

というヤツなんだけど。

 

まぁこの程度のことなんか

よくある話だし、

仕事中とか

車の運転中とかになったことはないので、

大して気に止めていなかった。

2ヶ月くらい前の休日。

ヒマだしゲーセンでもいくべーと、

家を出たところまでは覚えていたんだが、

気が付くと

駅近くのスタバでコーヒーすすってた。

 

で、家を出たのが11時頃、

我に返った時刻が14時半ぐらいだった。

 

丁度仕事関係で

ごたごたが続いていた時期でもあったし、

「疲れてんなー、俺」

ぐらいにしか思わなかった。

 

翌日、会社へ出勤。

同僚の女の子から、

「昨日の昼頃、

駅前のスタバにいたでしょ?」

 

俺「あー、いたかも」

同僚「一緒にいたお友達結構いい男じゃん。

今度紹介してね~」

 

俺「は?」

同僚「冗談、冗談。

でもちょっと本気(笑)

長身・ロンゲでユニセックスって、

ちょっと私的にツボだから」

 

誰それ?長身?ロンゲ?

そんな友人に心当たりは有りません。

 

俺「声かけてくれれば良かったのに」

 

同僚「いやー、思い出話で

盛り上がってるトコだったから、

邪魔しちゃわるいかと」

詳しく訊くと、

どうやら俺とそいつは、

近所の川で

ザリガニ釣りをしたときのことやら、

駄菓子屋で

くじを当てるためにした

無駄な努力などについて、

盛り上がっていたらしい。

 

同僚が嘘をついているとは思えないが(理由がない)、

俺には全くそいつに心当たりはない。

 

その場はなんとかお茶を濁して

終わりにしたのだが、

どうも釈然としない。

 

で、今年のGW。

連休らしい連休も無かったので、

実家に帰らず街をぶらぶらしていたら、

また3時間ほど記憶が飛んだ。

 

今度は行きつけの

ゲームショップに入ったところから、

駅前の噴水で一服していた所までの記憶がない。

数日後、大学時代からの

腐れ縁の友人からの電話。

 

友人『そーいえばさー。

お前この間の5/5に○○駅前居ただろ?』

 

俺「居たけど?」

友人『いやー、そん時のお前のツレな、

すらっとした長身でロングヘアだったから、

俺思わず「Y(俺のこと)のヤツ、

デルモの彼女でもできたんかー!」

とかびっくりしちまったけど、

よく見たら男だったから

安心しちゃったよ(w』
俺「・・・・・・(汗」

風貌等を訊くと、

どうやら先の人物と同一のようだ。

 

でも、俺には全く心当たりがないんです。

小学校時代のアルバム引っぱり出してきて、

仲の良かった子とかを思い出してみたけど、

該当者が思い当たらない。

 

お前は誰なんだょぅ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)