【謎な怖い話】犬に深い関わりがある家系

うちの家族は

犬に縁が深いと思う。

 

苗字からして「いぬ」が入ってるし。

多分実家が山間で、

ちょこっと猟師みたいなことをやって

生計立ててきたからなんだろうけど…。

 

実家の敷地内にいくつかある

小さなお社は

全部犬神様だって聞いてるし、

年に2回お社へのお礼をする時は

その時飼っている犬が我が家の主みたいになる。

 

ごはんを一番先に食べたり、

一番いいところ貰ったりね。

普段はそんなことしないんだけど…。

 

そのお蔭か?

犬に助けられた体験がある人間が多い。

 

イノシシ狩りしてて危ないところを

見たことない犬に助けられたという

オーソドックスなのから

 

誘拐されそうになったところを

近所の犬が吠えて追い払ってくれたとか、

うちのティッシュペーパーの予備を

盗もうとした元知人を

うちの超弱気な犬が嗅ぎ取った?とか。

 

山に近い畑にありがちな

イノシシ害とか猿害も一切ないし、

なんとなく犬神様が

守ってくれてるのかなって思う。

 

でもその代わり猫はダメなんだよねー。

即逃げられる。

ウサギとか小動物もしかり。

 

自分は今獣医学部に通っていて

動物見たりするけど

(といっても教授が

仕事しやすくするための抑え役)

さっきまで威嚇して吼えまくってた犬が

速攻で大人しくしてくれる代わりに、

猫とかは大変な事になってる…。

生傷絶えないわ…。

好きなんだけど触れないよ。

あと質問だけど、

自称霊感ある人に守護霊いないけど

犬が憑いてるねって言われたんだけど、

これって大丈夫なのかなー。

 

ご先祖様は早く仕事して下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)