【謎な怖い話】 山中に見つけた穴

14年前、

多摩川の河原から

栃木の山中にワープした。

草むらに見つけた穴を

5mほど進んでいったら、

なぜか板壁に突き当たり、

その隙間から這い出てみると、

森の中の腐りかかった社の

縁の下だった。

 

振り返って出てきた板壁を見ると、

何十枚と色褪せたお札が貼られていた。

 

混乱した俺は、

とりあえず泣き叫びながら

山を下った。

 

幸い少し降りた所で

舗装された道路に出たので、

そこを辿って

町の交番に駆け込んだ。

不思議だったのは、

警察官たちの対応が

素早かった事。

 

支離滅裂な俺の言葉を遮っては

住所氏名を確認し、

テキパキと迎えの手配を済ませた。

 

落ち着いた頃に、

いったい何が起こったのか尋ねてみたが、

わからん謎だの一点張り。

 

それは両親が聞いても

同じ事だった。

結局今もって何も分からない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)