【謎な怖い話】遊園地につかない

大学時代に彼女と関東某県の山にドライブに行った時 。

 

走っても走っても目的地に着かず、

同じ場所に戻ってしまうという

最悪のループにはまったことがある。

 

まだカーナビが一般的ではなかった時代で、

当然俺のボロ車にもナビはなかった。

が、彼女は、その山の中に○○パークという小さな遊園地があり

亡くなったお祖母さんに

子供の頃に一度だけ連れて行ってもらったことがあるという。

 

ガイドブックには載っていなかったが、

彼女は「ガイドブックに載るような遊園地じゃないから」と自信満々。

 

確かに、彼女の記憶通りに山道を進んでいくと

「○○パーク」という古びた小さな木の看板が道端に立ち出したので

看板の矢印通りに進んで行くと、またもとの道に戻る。

 

最初は「変だねー?」と言い合っていた俺たちも、

やがてそのループから抜け出すのに必死になった。

 

どうやって町まで戻ったのか覚えていないが、

走れど走れど『○○パーク⇒』という

古びた看板が現れる悪夢を今でもたまに見ることがあるw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)