【謎な怖い話】自分の運命を変えた

私は一度だけ、運命を変えた事があります。

それは中学生の時でした。

 

当時私は古いアパートに住んでいて、

両親は共働きで、

二人とも朝がとても早く、

まず父が明け方に出かけ、

それから少しして母も続き、

学校に行く私が一番遅い外出をする、という感じでした。

 

なので母からは常に、

火の元だけはきちんとしておくようにと言い聞かされていました。

 
にも関わらずある日、

朝食後、ガス栓を開けたまま学校に出てしまい、

帰ってきた時にはアパートは火の海でした。

 

私達の家族は皆無事でしたが、

別の部屋では死者も出たような惨状で、

父は呆然、母は泣き崩れていました。

 

私は後悔してもしきれず、

これからどうすれば良いんだろう、

これからどうなるんだろうと絶望のどん底にいました。

 

そして一先ず、祖父の家に泊まりました。

その日の夜中、

泣き腫らした目が痛くて目覚めると、

枕元にボヤッと青く光る何かがありました。

 

私は本当に無意識に、

それに触りました・・・

 

そしてほんの数回瞬きした瞬間、

あのアパートの部屋(リビング)に私はいたのです。

 

!?と思い、

1~2分ぐらいその場で固まっていましたが、

ふと玄関を見たとき驚愕しました。

 

私がいる。

玄関に、靴紐を結んだままの姿勢で固まったままの私がいたのです。

 

恐る恐る近付き、

触ってみましたが石のように固く、

人間の感触のそれとはまるで違うものでした。

 

そこで初めて周りがおかしい事に気付きました。

景色の『色』が何だか薄いのです。

 

全くの無色、白黒、という訳ではありませんでしたが、

昭和の写真のように全てが色褪せたような景色でした。

 
私は後退りしながら、

ひとつの考えを抱いていました。

 

まさか・・・とは思いましたが、

ガス栓の所に行くと、

やはり閉まっていませんでした。

 

そして、それを見つけた途端、

猛烈な頭痛に襲われました。

 

堪らず頭を押さえつつも、

私は自分があの瞬間に戻っている事を確信しました。

 

あれを閉めなければ。早く。早く。

私はキッチンのふちに手をかけ、

何とか立ち上がろうとしました・・・

 

結論から言うと、

私は高校生の終わりまであのアパートまで暮らしました。

 

アパートが爆発し火災になった事実はなく、

平穏な暮らしを続けられました。

 

あの日の朝目覚めると、

祖父の家には顔だし程度に一泊していた事になっていて、

私は唖然としながらも、

こんな事など誰にも説明できず、

でも『助かった』『よかった』という、

よく分からないモヤモヤを抱えて暫く過ごす事になりました。

 
何がきっかけで、あの過去、

あの瞬間に戻れたのかは分かりません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)