【謎な怖い話】極限状態

小学生の頃、

兄弟でふざけていたら、

弟が二階の窓から落ちたことがあります。

 

下が畑で藁がつんであったので、

ケガもなくすみました。

が、無事生還した弟が言うには、

妙に興奮した様子で「僕、三回転位まわったでしょ!!!」と。

 

私は、放物線を描いて落ちていく弟を見ていたのですが、

回転などせず、

落ちた瞬間と同じ格好で足から落ちていきました。

 

ただ、落ちてから藁の上を何回か転げていましたので、

それを空中で三回転したと勘違いしたのでしょう。

 
極限状態の意識って、

なんかとんでもない妄想を生み出すもんなんだなぁと、

妙に関心した出来事でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)