【謎な怖い話】古い石の処理

山間部のお祭りって、普通のお祭りとはなんか違った感じがあるよね。

 

俺の祖母が日本の背骨にある街の出身だったんだが、

そこの街(昔人口はそこそこ今では過疎地)では信仰の対象が石だった。

 

山の中腹に大きな一枚岩が祀られていて、

小さい祠と共に長らく信仰の対象になっていて、

年に一度その岩を削ってに少しづつ配る慣わしがあった。

 

配られるのは昔でいう長屋の大家?

というか、ある程度家名が高い家に配られ、

普通の人はその人の家に拝みに行くという風なもの。

 

もちろんその街のお祭りはご神体のお岩のもので、

岩を削るのもお祭りの時だった。

 

新しい石をもらう時に古い石の処理をどうするか?

川に流したり山に返すのかと思ったが、

そこの話だけは祖母が「20歳になってからな」

と言って教えてくれなかった。

 

私はその真相をずーっと考えていて、

そのせいもあって大学も民間信仰の学科へと進んだ。

 
そして先日、

私の20のお祝いにその話を聞きにいくと、

祖母は顔を赤らめながら、

「陰洗いっていってな、

その岩神様は男だったので、

家名が高い家の女衆が自分の陰に石を入れて、

それを大岩の下に戻すんよ」

 

とキャーキャーいいながら教えてくれた。

陰(ほと)とはもちろん女性の陰部のこと。

そんな真相を10年も追っていた自分が小さく見えた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)