【謎な怖い話】家系の流れ

オカルトでも因縁でもなんでもないので、

このスレに書いていいのか分からないけど…

一応家系の話。

 

 

私が子供の頃、父方の祖父(今はもう亡くなってる)に
「じつは我が家の苗字は本当は○○じゃないんだ」

と話されたことがある。

 
祖父が言うには、

その父親や祖父の時代に何か戸籍内の変更があったときに、
役場かなんかの戸籍を担当してた人が
間違って自分の苗字を記入してしまって、

その苗字が○○なんだと。

それまでの家系は××という苗字だったんだそうだ。

 

本当かなと思いつつ親にも話してみたら、
母はそんなバカな話あるわけないでしょと言って

相手にしてくれなかった。

父親もそんな話は聞いたことないと笑っていた。

それから何年も経ち、
親戚が病気になり年齢的にも

そろそろかなという状態だったので、
母が喪服を準備していた。

 
その喪服は母が嫁入りしてから

祖父が買ってあげたものらしいんだけど、
家紋をまだ入れてない状態の物だったんだ。

 
で、母は結局嫁ぎ先である

我が家の家紋を入れたんだけど、
なんとなく祖父の話を思い出した私は、

あとで家紋を調べてみたんだ。

 
そしたら我が家の家紋は、

××一族の代表紋とか、

××姓に多いとか書かれてあった。
祖父の話は本当だったんだなと思ったよ。

 

××家が名家とか由緒正しきお家柄ということもないので、
そのままにしちゃったんだろうけど

昔は戸籍なんていいかげんだったんだね。
もし××の苗字のままだったら、
みんなそれぞれ人生変わってたのかなと最近ちょっと考える。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)